読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第2子キロク

第2子のキロクとして残しておこうと思います

20週3日目

今日は、初めての分娩予定の病院での健診でした。
私は、里帰りではないですが、病診連携制度を利用していて、健診を受ける病院と分娩予定の病院が違います。
前回帝王切開であること、高齢出産にあたること(出産時の年齢は37歳です)、子宮筋腫の手術で出産時以外で子宮にメスが入っていることなどから、今回の出産は周産期病院で行うと決めていました。

初の健診のため、予約の30分前に病院に行きましたが、遠い!
距離的には、15kmくらいのはずですが、病院にはいるまでになんと45分もかかりました。
今は、月に1回だからいいけど、2週間に1回。毎週になったら、とっても大変そうだなという感じ。

大きな病院でしたが、待ち時間が比較的少なくて、ノンストレスでした。
いつもの病院なんて、9:15の予約でも、9:45とかまで平気で待たされるんですよ。しかも、状況が分からないので、とってもイライラ。柔軟剤の臭いは待合室に充満してますしね。
大きな病院なので、尿検査の場所やら、採血の場所が産科とは別病棟にあるので、移動がちょっと面倒ですが、しょせん院内ですしね。良い運動と思えば、全然苦になりません。
10:00からの診察予定でしたが、時間通りに診察室に入ることができました。この時点で、感動!
先生は、女医さんでした。あと、研修医の方かな?
いつもの病院からの申し送りに加えて、細かい点を口頭で聞いてくれ、前回の母子手帳もきっちり確認してくれました。
姉妹の子供にとっても珍しい持病があるのですが、それを伝えたところ、即レスで別の言い方で返してくれ、知っているんだ!と、これまた嬉しくなりました。なんていうんですかね、信頼できるっていう感じです(上からな表現ですみません)

色々問診をして、エコー。相変わらずよく動いてましたが、胎児は問題なしでした。気になる性別も、やはり男児。
心配していた成長面も細かく骨の長さなどを測定して、週数相当というお墨付きをもらえて、一安心できました。

問題は、やはり私。尿たんぱくは、今回初めてマイナスになったものの、前回の数値が腎臓を患っている人に近い数値だったこと。姉の子供の持病のこと。また、今回初めて羊水が多めという指摘まで出てしまったこと。
これらを加味すると、今後の健診は分娩予定の病院で経過を見ていったほうが良いということになりました。
というわけで、次回から全ての健診は分娩予定の病院です。

びっくりしたのが、予約のこと。
36週までの健診予約が組まれて、帰りに手渡されました。同じ先生で受診できるからね!と言われましたが、予約時間はバラバラ。
半休とって・・・では難しそうな時間もチラホラ。さらに、保育園に送っていくことを考えると、そこからの時間で結構ロスが出そうです(家に帰る時間はないけど、直接病院へ行くには早すぎる) Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
ここは割り切って、読書の時間とかに充てようと思います。

そうそう、先週あたりから膀胱周辺でポコポコする感じがあったのですが、これ、胎動だそうです。
感覚をわすれてました(笑) せっかく記録を残しているのに、またしても開始日があやふやになってしまった。。
とりあえず、今日が初の胎動検知日としたいと思います。

 

本日の健診代:

・健診代 = 3,630円

 

合計:34,450円

 

 

12月16日_自覚症状
・風邪(咳、鼻づまり、喉の痛み)
・食べられる量が減った(羊水のせい?)
・疲れやすい(仕事が忙しいと、帰ったらグッタリ)
・臭いに敏感
・お腹周りが苦しい
・胎動(膀胱らへんで、ポコポコする)

 

 エコー写真:

顔のアップ??

f:id:Alstroemeria:20161219200635p:image


健診キロク:

5週2日目 - 第2子キロク

7週2日目 - 第2子キロク

9週4日目あらため9週6日目 - 第2子キロク

11週4日目 - 第2子キロク

13週4日目 - 第2子キロク

17週4日目 - 第2子キロク

19週3日目 - 第2子キロク